【2019年最新】DVDコピーフリーソフトまとめ【無料でリッピングするならコレ】|windows10対応

dvd-copy-freesoft (1)ネット
Q.『DVDのデータをパソコンにコピーしたい』
A.『DVDコピー・リッピングソフトを活用することで実現できます。』

CDとは違い市販されているDVDにはリッピング・コピー(複製)を防止する”コピーガード”が施されており、通常パソコンにデータを取り出すことはできません。

また、「CDコピーフリーソフト」と比較して数が少なく、選択肢が限られているのが現状です。

 

そこで本記事では、最新のWindows10でも使えるDVDコピー・リッピングフリーソフトを厳選してまとめました。

全てDVDコピーソフトの中では実績のあるソフトです。それぞれのソフトの特徴と使い勝手もまとめているので、ご活用下さい。

 

関連記事:【最新】CDコピーフリーソフトを厳選!これだけ使っとけばOK【windows10対応】

スポンサーリンク

おすすめのDVDコピーフリーソフトまとめ

詳しい使用方法は解説すると長くなるため、各リンク先の公式サイトorダウンロード後のファイルに同梱されている「Readme」を参照頂ければと思います。

また、本記事はDVDのコピーガード(コピープロテクト)解除を推奨する記事ではありませんのでご了承下さい。

DVDFab11(DVDFab HD Decrypter)

dvd-copy-freesoft (7)

2019年現在、DVDコピー・リッピングソフトの中ではもっとも高機能且つ確実性が高いのがこちらの『DVDFab11』

2012年に実施された著作権法改正からはや7年、その影響か新しく「DVDコピー・リッピングソフト」をリリースする技術者(個人・企業)がおらず、選択肢が狭まっている。

その中でも未だに更新し続けている数少ないソフトが「DVDFab(現Ver.11)」となる。

 

最大の特徴は、現行DVDに施されている最新のコピーガードにも対応しており、様々な市販DVDをコピー・リッピングできる点。

その他DVD周りの機能が網羅されており、このソフト一つあれば他のDVD関連のソフトが必要なくなるほど多機能で、当然「Windows10」にも正式に対応している。(もちろんWindows7、Windows8にも対応)

とはいえデメリットもあり、「DVDFab11」はそこそこの金額する”有料ソフト”なので、無料に拘るのなら試用版のまま使い続け、30日間後に自動移行する機能制限版「DVDFab HD Decrypter」を利用するか、後述する「DVD Shrink」or「DVD Decrypter」推奨。

DVDFab11=シェアウェア(有料)な分高機能。”DVDFab”といえばこちら。30日間の無料体験期間有り。
DVDFab HD Decrypter=フリーソフト(無料)な分機能制限有り。とくに最近のバージョンは使い物にならないレベルで酷い。

※コピーガードが掛かっていないDVDをただコピー・リッピングする用途であれば「DVDFab HD Decrypter」でも十分です。

 

>DVDFab11ダウンロードページヘ

>DVDFab11の解説記事へ

※コピーガードを解除しつつDVD/Blue-rayをコピー/リッピングする方法を解説

DVD Shrink

dvd-copy-freesoft (3)

DVDのコピー・リッピングソフトで外すことのできないフリーソフトがこちらの『DVD Shrink』

2004年から更新停止しているので、約15年ほど前のソフトになるけれど、未だにトップクラスの知名度を誇る。

というか、そもそもDVDコピー・リッピング系のフリーソフトではこの「DVD Shrink」か次項の「DVD Decrypter」くらいしかまともに使えるソフトが存在しないのが現状。

 

ざっと特徴を挙げると

  • 片面2層DVDを1層に自動圧縮
  • 昔のDVDのコピーガード解除
  • UIがシンプルなわりに多機能

最新のDVDコピーガードには対応していないけれど、昔のDVDであればほぼ問題なく、とにかく簡単にリッピングできる。

ちなみに今回久々に使ってみたらエラーで「無効なdvdナビゲーション構造です」と表示されDVDコピーできなかった。やはり最近のDVDには対応していない模様。

 

また、DVD Shrinkはとにかく古くWindows10には正式に対応していない。

そこで起動する前に、Windowsの互換モードで「Windows XP(ServicePack2)」と「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れた後起動しよう。↓

dvd-copy-freesoft (8)

注:2015年に「DVD Shrink日本語版」配布により逮捕者が出てから、それまでリンク掲載していたサイトが一斉にリンク削除したことで「DVD Shrink日本語版」が手に入りづらくなっています。

さらにそれに便乗して偽物の「DVD Shrink日本語版」を配布している悪質サイトも出現しており、注意が必要です。

以下の「DVD Shrink 日本語版」配布サイトは私自身が確認した本物になりますので、ご安心下さい。

 

>DVD Shrink 英語版ダウンロードページへ

>DVD Shrink 日本語版配布サイトへ

※画面下部赤字の「DVD Shrink 日本語版 (Ver.3.2.0.16) 」から直ダウンロード可能

DVD Decrypter

dvd-copy-freesoft (5)

「DVD Shrink」と同じく10年以上前に更新停止しているけれど未だ人気があるDVDコピー・リッピングソフト『DVD Decrypter』

人気の秘密は「DVD Shrink」同様、単機能でシンプル且つ使い勝手の良いユーザーインターフェースと、そもそもDVDコピー・リッピング界隈のフリーソフトは選択肢が限られている側面もある。

 

主な機能はリージョン情報確認・海外版コード変更、昔のコピーガード(CSS)解除やマクロビジョン保護除去、簡単なCM・予告カットなど詰めれば設定できる項目は多い。

尚、前項の「DVD Shrink日本語版」とは違いこちらは「DVD Decrypter英語版」に有志が提供している「DVD Decrypter日本語化パッチ」を当てて日本語化するため、一手間掛かる点に注意。

 

>DVD Decrypter英語版ダウンロードページへ

>DVD Decrypter日本語化ファイル

※「DVD Decrypter日本語化ファイル」を起動後、DVD Decrypterをインストールしたフォルダを指定しパッチ処理という流れになるが、通常はデフォルトのままでOK

まとめ

ここまでDVDをコピー・リッピングできるソフトをまとめてきましたが、正直なところ、実際に使えるDVDコピー関連のソフトは数が少なく、選択肢はほぼありません。

最新のDVDをコピーしたいと言うのであれば、2019年現在も更新を続けている「DVDFab11」一択。

逆に昔のDVDをコピーしたいorコピーガードが掛かっていないDVDをリッピングしたい場合は「DVD Shrink」>「DVD Decrypter」の順に試すのが妥当でしょう。

尚、「DVDFab HD Decrypter」に関しては機能制限が厳しく、実際にコピーしたいDVDにもよりますが10年以上前の「DVD Shrink」&「DVD Decrypter」のほうが使える場合が多いですね。

いずれにしても現時点では、ある程度コピー・リッピングしたいDVDを溜めておき、「DVDFab11」の30日間無料体験を上手く利用して一挙にパソコンに取り込むなどの工夫が必要です。

 

ネット
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes

  1. かっちん より:

    テクノ様
    DVDFab11 一択!と言う事が判り、あれこれ悩まずに済みます。
    ありがとうございました。
    お時間が許すときに、また興味深い記事をお願い申し上げます。

  2. DVDリッピング より:

    はじめまして。
    とても便利なソフトで重宝させていただいております。
    しかしDVD Decrypterの使い方が難しいだから、諦めました。

  3. dvd コピーガード 解除 フリーソフト より:

    情報ありがとうございます!一つずつ試してみます。
    ちなみに自分の調べた結果で下記のソフトも形式を変換できるようです。
    ttps://www.videosolo.jp/tutorials/release-dvd-copy-guard.html
    でも今はDVDコピー禁止のためすこし不安ですね。