>>【遂に復活!本物のMusic FM】MoodSayingsの使い方と特徴まとめ

ブルーレイ・DVDを無料でリッピングできるフリーソフト『MakeMKV』の使い方を徹底解説

makemkv (15)ネット

DVDやブルーレイをリッピングできるソフトは「DVDFab」や「Leawo」辺りが有名ですが、これらのソフトはあくまでシェアウェア(有料)なので、無料版ではリッピングできる時間やディスク枚数、機能等に制限があります。

無料でBlu-ray・DVDをリッピングしまくりたい!

こういった方には「MakeMKV」がおすすめ。

 

「MakeMKV」は海外で有名なブルーレイ/DVDリッピングフリーソフト。

”フリーソフト”というのがポイントで、なんと一切の制限なく完全無料で使い続けられる上に、最新のコピーガード(AACS)にも対応している神ソフトです。

※元々「MakeMKV」はBeta期間中のみ無料で利用できるDVD・Blu-rayリッピングソフトウェアですが、公式で配布されている公認コード(MakeMKV key)を入力することにより、永久に無料で使い続けることができます。

本記事では、

  • 「MakeMKV」の使い方(ブルーレイ・DVDリッピング方法)
  • 「MakeMKV」の公認コード登録方法(MakeMKV beta key)
  • 「MakeMKV」でリッピングしたMKVファイルをMP4に変換

上記3点を詳しくまとめていきます。

実際に市販のブルーレイ映画を丸々1本リッピングしつつ解説しているので、参考までに。

スポンサーリンク

MakeMKVのインストール方法

1.はじめに「MakeMKV」公式サイトから『MakeMKV beta』最新版をダウンロードしてください。
>>MakeMKV ダウンロードページヘ

※「MakeMKV」はWindows/Mac/Linux全てのOSに対応しています。

makemkv (9)

2.先ほどダウンロードした「MakeMKV~XXX.exe」起動後、インストールする言語選択画面が表示されます。デフォルトで「Japanese」が選択されてると思うので、そのまま「OK」をクリック。

makemkv (21)

※exeファイル起動後、セキュリティソフトによっては弾かれてインストールできないことがあります。↓
makemkv (22)「Windows Defender」の場合は「アプリとファイルの確認」のセキュリティを一旦オフにして再度インストールしましょう。↓makemkv (8)尚、他セキュリティソフトに関しては各自公式サイトのほうをご確認ください。

3.「MakeMKV」セットアップウィザードが表示されます。「次へ」をクリック。

makemkv (20)

4.「このライセンス契約書に同意します」にチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリック。

makemkv (19)

5.「MakeMKV」本体だけあれば良いので、不要なコンポーネントのチェックを外して「次へ」をクリック。

makemkv (18)

6.インストール先フォルダを選択して「次へ」をクリック。
尚、「MakeMKV」のソフト単体での容量は約120MBとそこそこ大きいので、ドライブの空き容量には注意。

makemkv (17)

7.「MakeMKV」ソフトのショートカットを作成したいスタートメニューフォルダを選択して「インストール」をクリック。

makemkv (7)

8.インストール完了後、「次へ」をクリック。

makemkv (6)

9.以上で「MakeMKV」のインストールは完了です。

makemkv (16)

※インストール後、ひとまず30日間は無料で使用できますが、公式に配布されている公認コード(MakeMKV key)を入力することにより、実質永久に無料で使い続けることができます。
公認コード(MakeMKV key)に関しては記事後半で解説していますので、そちらも合わせてご覧下さい。

MakeMKVの使い方|ブルーレイ・DVDをリッピングする方法

1.先ほどインストールした「MakeMKV」を起動します。

すでにドライブ内にディスクが挿入されている場合は、コピーガード”AACS”のバージョンや、ディスク詳細・ドライブ情報などが表示されます。一部技術的なことも表示されてるので、分からなければスルーでOK。

初回起動時は「MakeMKV」公式サーバーから必要データをダウンロードするので、それが終わったらソフト左側の「ディスク」アイコンをクリックしてください。

makemkv (1)

2.リッピングの前に復号化が開始されます。初回起動時は確認画面が入りますが、ここは「Yes」をクリック。

makemkv (5)

確認画面には”アクティベーションキーを買わなければいけない”的なことが書かれてますが、後述する「MakeMKV Beta key」で一切の制限なく無料で使えるので、全く買う必要はありません。

3.ディスクの内部情報を分析した後、ディスク内の「タイトル」が複数表示されます。ここで全てをリッピングすると不必要な部分が多いので、容量を無駄に消費します。

よって、選択すべきはもっとも容量が大きく、且つチャプター数が多いタイトルだけにチェックを入れて、中身を確認。

makemkv (3)

4.次に必要な音声・字幕を選択します。

基本的にブルーレイ/DVDには複数の音声・字幕が含まれているので、その分無駄に容量を食います。必要な言語にだけチェックを入れ、断捨離しましょう。

例えば、「日本語音声」+「英語字幕」にしたい場合は下記画像みたくなります。↓

makemkv (4)

5.最後に、「保存先のフォルダー」を選択し、隣の「MakeMKV」ボタンをクリックでリッピングが始まります。

makemkv (2)

DVD・Blu-rayリッピングの流れ
  • 1
    リッピング速度は有料ソフトと同程度に早い

    makemkv (15)

  • 2
    リッピング完了(1本のブルーレイ映画で約1時間30分弱)

    makemkv (14)

  • 3
    先ほど指定した保存先フォルダを確認

    makemkv (10)

※「MakeMKV」には一応「設定」項目がありますが、そもそも設定できる項目が少ないので弄る必要はありません。
唯一「既定の出力フォルダ」を設定しておけば、毎回リッピング後の保存先を選択する手間が省けるので、ここだけ任意に変更しておきましょう。↓makemkv (24)

MakeMKVでリッピングしたブルーレイ・DVDを「MP4」に変換

mov-mp4-convert (8)

「MakeMKV」という名前の通り、DVD・Blu-rayからリッピングしたデータは全て”MKV”形式のファイルとして保存されます。

MKVファイルは無劣化で高画質な分、容量が大きく、対応している再生プレイヤーが少ない欠点があります。

扱いづらい「MKV」を汎用性の高い「MP4」に変換する方法は2種類。

簡単に変換したい場合は「オンライン変換サイト」、高品質に変換したい場合は「動画変換ソフト」がおすすめ。

■オンライン変換サイト

■動画変換ソフト

  • ※ISOイメージに変換するなら「Imgburn」がおすすめ。

MakeMKV key(公認コード)の登録方法+配布サイト

makemkv (11)

1.はじめに、以下の「MakeMKV Beta key」配布サイトからコードをコピーしましょう。ちなみに、日付の下のコード部分をワンクリックでコピーできます。(上記画像参照)

>>MakeMKV Beta key

※上記は有志による配布サイトです。こちらのほうがコピペするとき楽で、期限も分かりやすいのでおすすめ。ちなみに公式の配布サイトは以下。(コードの内容は全く同じです。)

>>MakeMKV 公式配布サイト

 

2.次に、先ほどコピペしたコードを「MakeMKV」に貼り付けます。
ソフト上部の「ヘルプ」から「公認」を選択し、コピペしたMakeMKV Beta keyを貼り付けて「OK」をクリック。

makemkv (13)

3.アクティベーションキー認証後、ソフトを再起動して完了です。

makemkv (12)

尚、「MakeMKV Beta key」は60日毎に更新されます。

例えば2月に認証したコードは、4月には使えなくなってしまうので、再度「MakeMKV Beta key」配布サイトからコピペして認証させる必要があります。

ここが若干面倒ですが、60日に1回、1分程度の作業で最新のコピーガードに対応した”ブルーレイ・DVDリッピングソフト”が完全無料で利用できると思えば、楽なもの。

MakeMKVでブルーレイ・DVDをリッピングする方法まとめ

ここまで「MakeMKV」の使い方から「MakeMKV key」の登録方法、リッピングしたMKVファイルをMP4に変換する方法についてまとめてきました。

冒頭でも触れた通り、「MakeMKV」は元々シェアウェアとして絶賛開発中のソフトウェアですが、Beta期間中は無料で使える「MakeMKV key(公認コード)」を配布することにより”フリーソフト”と銘打って公開されてます。

ただ、かれこれ10年以上Beta版のままなので、恐らく今後も無料で使い続けられると思います。

ちなみに、「MakeMKV」がエラーで使えない・なぜかリッピングできないという方は、PC環境の問題もあるので、代わりに有料ですが、確実にリッピング可能な「DVDFab」がおすすめです。

 

ネット
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes