【ケムリクサ】12話まで見た感想「覇権確定の神アニメでした。」【ネタバレ考察】

エンタメ

先日アニメ「ケムリクサ」12話が放送され、ネット上では未だ熱が冷め止まず”考察班”なるものが登場し話題になってますねー。

私もケムリクサを見終わったので、今回は個人的に気になっている部分のアニメ「ケムリクサ」のネタバレあり感想・考察と、ネット上の”考察班”なる方々の考察をまとめていきたいと思います。

 

※ちなみに「ケムリクサ1話」の時点でのネット上の感想・評価がこちらです。↓

アニメ「ケムリクサ」つまらないの声多数|原因は”男”が出てきたこと?【ネット上の評価・感想】
ファン待望のたつき監督アニメ最新作「ケムリクサ」の第一話が放送されました。 前作”けものフレンズ”を期待して視聴した方も多いかと思いますが、ネット上では なんか”コレ”じゃない 男キャラがウザいしキモい ...

いや~、一部の人は手のひら返しすぎてちょっと手首が心配になりますが、今回の”ケムリクサ12話”で傑作けものフレンズ(1期)を作った”たつき監督”を信じて良かったという意見が多数になりましたね。

スポンサーリンク

7話辺りから急激に面白くなり、11話でピークを迎えた

Kemurikusa (2)

これはあくまで私個人の感想ですが・・・正直、7話辺りまでは退屈で、今季他アニメと比較してもあまり”面白い”とは言えないように感じました。

のほほんアニメとして見るなら楽しめるレベルだけれど・・・なんか動きがなくて微妙だな、と。

しかし、7話辺りから良い意味で期待を裏切られ急激に面白くなっていきました。

 

ちなみに7話では水を求めて旅をし、ようやく大量の水+敵(アカムシ)がいない安住の地を見つけたところでの”絶望”。

ここから”アカムシ殲滅”へと目的を切り替えて旅を再開し、その過程で徐々に伏線が回収されてきて”ケムリクサの世界”が明かされていく訳ですが、この伏線回収が本当に上手いし、”なるほど”の連続でした。

 

そして個人的神回”ケムリクサ11話”、単発で見たらラスト12話よりも完成度が高く、この時点で今季覇権アニメはケムリクサ確定だなと思いましたね。

今まで隠されていた真実や知り得なかったことを”過去回”として上手くまとめ、一番の謎だったわかば&りんたちのこと、記憶の葉の”目的”の箇所、アカムシと世界の成り立ちが明らかになり、一気にボルテージが最高潮まで高まりました。

”りり”は救われたのか?【ケムリクサ唯一の絶望】

Kemurikusa (3)

ネット上ではりんもわかばも生存し、”ハッピーエンド”といった空気が流れていますが、果たして本当にそうなのかな?と疑問に感じました。

この点は人により捉え方が異なると思いますが、私は「りりは最後にわかばが”実はすでに死んでいた”事実を知り、無念の内に散っていった」と思いましたね。

そもそも”りり”の目的は『わかばを見つけ、わかばを助けること

そのために自らを犠牲にしてケムリクサ化した訳ですが、確かに結果的には『わかばを見つけ、わかばを助けること』は叶いました。

ただ、そのことを”りり”本人が知ることはありません。

仮にもし、分裂後の6人のいずれかが”りり”本人と同等の”記憶”や”感情”、分裂直前の”絶望”を持ち合わせていたのなら、まだ救いがあったのかもしれませんが・・・

一応「りん、りつ、りな、りく、りょう、りょく」は”りり”から生まれた姉妹みたいなものですが、人格は受け継がれていても、誰一人として”りり”としての”記憶”はないんですよね。

哲学的な話になりますが、仮に”人の魂”がどこにあるかと言われれば、私は”記憶”にこそあるのかなと思います。

6人のいずれかに”りり”と全く同じ”記憶”があれば(もしくは眠っていれば)それは”りり”なのかなと、しかし実際は分裂後の6人に当時の”記憶”はなく、感情や考え方も通じるところはありますが、全くの別人だと思いますね。

 

ただ、分裂後の姉妹たちがいなければ”わかば”が助かることはなかったと思うし、結果的に”りり”の判断は間違ってはいなかった訳で、救いがあったかは微妙なところですが、これはこれで一つのハッピーエンドなのかなと。

SNSでは「ケムリクサ考察班」なるものが登場

SNSでハッシュタグ「#ケムリクサ考察班」なるものが爆誕し、話題になってます。

私も一通り見させて頂きましたが、もう”なるほど”の嵐でしたね・・・よくここまで考察できるなと。

以下は一例ですが、私が”ケムリクサ11話”の時点でもっとも疑問に感じていた「記憶の葉の”目的”以降の文章は誰が消したのか」について。

『記憶の葉の”目的”以降の文字は誰が消したのか。』

11話の時点では、まだ記憶がある状態の”わかば”がいち早く記憶の葉を見つけ、それを見て察した”わかば”が消したのかなと思っていたんですが、まさか”りり”自身が消したとは思いませんでしたね・・・しかも絶望の果てに。

改めて”りり”に関しては本当に救いがないと感じます。

 

次項では他の「ケムリクサ考察班」の方の考察をまとめていますが、洞察力が素晴らしく、中には”たつき監督本人では?”と思われるものまで様々あります。

ケムリクサの感想・考察・評価総まとめ

Twitter / ?

 

エンタメ
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes