【秋アニメ2018】おすすめアニメを厳選!ランキング形式でご紹介【厳選】

image_anime エンタメ

2018年秋アニメに絞り、個人的に気になっているおすすめアニメを勝手にランキングしていきます。(上から順におすすめです

ただ一つ言えることは、この中にハズレはないと思います。(結構厳選しました)

少しでも気になるものがあれば、視聴予定タスクに入れておいてくださいね。

 

では参ります。

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

あらすじ

2001年、イタリア。
DIOの息子、ジョルノ・ジョバァーナはふとしたイザコザからギャング組織パッショーネのブローノ・ブチャラティに狙われるが、スタンド「ゴールド・エクスペリエンス」で窮地を脱する。
ジョルノはパッショーネのボスを倒し組織を乗っ取る計画を告白、組織に疑問を抱いていたブチャラティはジョルノを仲間に引き入れる。
そしてボスから下る指令。「ボスの娘『トリッシュ』を護衛し、ボスの下へと連れてくる事」
しかしその命令に隠されていたのは「吐き気を催す邪悪」だった。

キャスト(声優)

中村悠一、小野賢章、諏訪部順一、榎木淳弥、鳥海浩輔、山下大輝、

スタッフ(制作会社:デイヴィッドプロダクション)

総監督:津田尚克、監督:木村泰大/髙橋秀弥、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:岸田隆宏、総作画監督:石本峻一、美術設定:滝れーき/長澤順子、色彩設計:佐藤裕子、美術監督:吉原俊一郎/加藤恵、撮影監督:山田和弘、音響監督:岩浪美和、音楽:菅野祐悟

アニメ感想・評価

秋アニメは間違いなくこれがNo1でしょう。

ジョジョに外れなし。これだけは断言できます。

キャラデザは一段と癖が強くなったように感じますが、なんかジョジョなら安心できるんですよね。

余談ですが、Googleで「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」で検索したらサジェストワードに「ポルナレフ」が出てきます(笑)

まぁ事実、5部にポルナレフは出てくるんですけど、これ若干ネタバレだと思うんですよね。グーグル先生大丈夫かな?

ソードアート・オンライン アリシゼーション

あらすじ

GGOで起きた「死銃事件」から半年が経った2026年6月。和人は菊岡からの紹介で、謎多きベンチャー企業「ラース」の開発した次世代フルダイブ実験機「ソウル・トランスレーター」のテストダイバーのアルバイトを行っていた。ある日、和人は「ダイシー・カフェ」での談笑の帰りに、「死銃事件」の実行犯最後の1人の襲撃を受け、薬剤注射による昏睡状態に陥ってしまう。次に和人が目を覚ました時、眼前には現実世界と遜色ないクオリティを持ち、人間同然の豊かな感性を持つNPC達が住まう仮想世界「アンダーワールド」(UW)が広がっていた。ログアウト不可という旧SAOと同じ状況に陥る中、キリトは現実世界への道を求め、親しくなった少年・ユージオと共に世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指すことになる。一方、現実世界の和人は搬送先の病院から昏睡状態のまま連れ出され、行方不明になっていた。明日奈たちは和人の行方の手がかりを求め、藁をも掴む思いで茅場の恋人だった神代凛子にコンタクトを取り、「ラース」に潜入する。そこで菊岡の口から明かされたのは、UWの根幹にある人工知能開発計画「プロジェクト・アリシゼーション」だった。

キャスト(声優)

松岡禎丞、島﨑信長、戸松遥、茅野愛衣

スタッフ(制作会社:A-1 Pictures)

監督:小野学、助監督:佐久間貴史、キャラクターデザイン:足立慎吾/鈴木豪/西口智也、総作画監督:鈴木豪/西口智也、アクション作画監督:菅野芳弘/竹内哲也、美術監督:小川友佳子/渡辺佳人、音響監督:岩浪美和、音楽:梶浦由記、プロデュース:EGG FIRM/ストレートエッジ

アニメ感想・評価

いやー楽しみですね。ソードアート・オンライン

ちなみに前期ガンゲイルオンラインのほうは個人的には微妙でした。

やっぱりソードアート・オンラインはキリトとアスナが出ないとね。

ちなみに、キリトくん、またお注射されます。

とある魔術の禁書目録III

あらすじ

禁書目録インデックス』との出会いに始まって、さまざまな事件に巻き込まれていく上条。学園都市を統べる「科学」サイド、インデックスに連なる「魔術」サイド双方の事件を綱渡りで解決していくうちに、少しずつ人の輪を広げていくことに。そして、ついには魔術サイド、十字教最大宗派のローマ正教が、上条の存在に目を向けることになってしまう……。魔術サイドに呼応するように、科学サイドたる学園都市も動きだす。しかし、にわかに対立を見せ始めた世界の動きに抗うように、立ち上がる者たちがいた。 上条とかかわったことで、大きく運命を変えた『ヒーロー』たち。彼らもまた、身を挺して世界と対峙する。上条当麻がそうしてきたように。科学と魔術が三度交わるとき、物語は大きく動き出す!!

キャスト(声優)

佐藤利奈、阿部敦、井口裕香、岡本信彦、日野聡

スタッフ(制作会社:J.C.STAFF)

監督:錦織博、シリーズ構成:吉野弘幸、キャラクターデザイン:田中雄一

アニメ感想・評価

とある魔術で好きなキャラ(推し)はいますか?

私は一方通行(アクセラレータ)です、はい。あの最強の一角なんだけど、非情になりきれないところがいいんですよね。典型的な悪ぶってるけど、根は良いヤツタイプ。

ただ、個人的にちょっと残念なところが一点ありまして、とある魔術のほうって、科学と比べるとラッキースケベ的な要素が強いんですよね。

少し程度だったらまだいいんですが、ちょっとしつこいところも多い。

やっぱりとある系のアニメって、能力者同士のバトルとか、大きな闇に抗うところが面白いと思うんですよね。正直、もっと日常パートも削っちゃって良いと思うんだけどなー

とはいえ、あれこれ言いましたが今回も恐らく一方通行は出ると思うので、とりあえず最後までは見ると思います。

転生したらスライムだった件

あらすじ

大手ゼネコン勤務のサラリーマン、三上悟(37歳・童貞)は後輩を庇って通り魔に刺され死亡、何の因果か異世界に転生した。
死の間際に脳裏を駆け巡った様々な願いを反映した存在……スライムとして。
最弱と名高いモンスターへ転生したことに不満を抱きつつも洞窟内でお気楽スライムライフを送っていたが、
偶然にも天災級モンスター”暴風竜ヴェルドラ”と出会ったことで運命が大きく動き出すことに-
ヴェルドラに”リムル”と名付けてもらい、スライムとして新たな異世界生活をスタートさせた矢先、
ゴブリンと牙狼族との争いに巻き込まれ、いつしかモンスターたちの主として君臨することに…
食べた相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、
二つのユニークスキルを武器に、最強のスライム伝説が始まりを告げる!

キャスト(声優)

岡咲美保、豊口めぐみ、M・A・O、前野智昭、日高里菜、花守ゆみり、千本木彩花、江口拓也、古川慎、大塚芳忠

スタッフ(制作会社:エイトビット)

監督:菊地康仁、副監督:中山敦史、シリーズ構成:筆安一幸、キャラクターデザイン:江畑諒真、モンスターデザイン:岸田隆宏、音楽:Elements Garden

アニメ感想・評価

こちらは「小説家になろう(通称:なろう)」で大人気の異世界転生ものですね。

リゼロはめっちゃハマったんですけど、異世界スマホが控えめに言ってクソだったのでちょっと不安

ただ、原作は凄まじい人気なので、いずれにしろ実際に視聴してみなければ分かりませんね。期待度はむしろめっちゃ高いです。

東京喰種トーキョーグール:re(第2期)

あらすじ

“ヒト”と変わらぬ姿をしながら“ヒト”の肉を喰らうことでしか生きながらえることができない存在“喰種(グール)”――。 彼らの脅威から人々を守るために設立された[CCG](喰種対策局)で、“クインクス”と呼ばれるチームが結成された。彼らは特殊な施術により喰種の能力を持つようになったヒトで構成されており、メンターとしてチームを率いる佐々木琲世(ささき はいせ)には、なぜか2年前までの記憶がない。そして彼には、[CCG]内ではよく知られた秘密があった。クインクスが結成されてまもなく、女性ばかりを狙い、その胴体のみを捕食する喰種“トルソー”がらみの事件が頻発する。[CCG]が捜査に乗り出す中、クインクスの班長・瓜江久生(うりえ くき)が独自の捜査を開始し、これに同じくメンバーの不知吟士(しらず ぎんし)が便乗。そんな二人に掘ちえ(ホリチエ)と名乗るフリーカメラマンが情報提供者として接触してくるが、彼女は彼らに関係する“変わったもの”を報酬として要求する。※情報が入り次第追記・修正

キャスト(声優)

花江夏樹、石川界人、内田雄馬、藤原夏海、佐倉綾音、小林ゆう、宮野真守

スタッフ(制作会社:studioぴえろ+)

監督:渡部穏寛、脚本・シリーズ構成:御笠ノ忠次、キャラクターデザイン:中嶋敦子、サブキャラクターデザイン:烏 宏明音響監督:原口 昇音楽:やまだ 豊

アニメ感想・評価

こちらも個人的に大好きな作品です。

あのスケートの羽生氏もファンの大ヒットアニメですね。

ちなみに前期の東京喰種はキャラデザが違いすぎたので、正直見始めたとき困惑しました。

とはいえ途中からは作画より早足気味のストーリーに付いていくのに必死でほとんど気にならなくなりましたけどね、、、(ハイル嬢があっさり逝ったのが残念)

ここらへんは尺の都合で仕方がないのかもしれませんが、2期はもう少し深く掘り下げてほしいところです。

おまけ:ガイコツ書店員 本田さん

本田さんは戦う!! 業務と!! 絶版と!! マンガを愛する人々と!!
コミック売り場がこんなに笑える職場だなんて聞いてない!? とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお送りします。

 

ダ、 ダ、、 ダル!?(シュタインズゲート)

 


引用部分は公式&wikipediaからの引用です。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

エンタメ
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes