【最新】CDコピーフリーソフトを厳選!これだけ使っとけばOK【windows10対応】

CK20160626273814_TP_V ネット

CDのディスクイメージをリッピングしたりライティングできるソフトというのは今でも需要があります。

しかし、CDのコピーソフトは昔のものが多いため、最近のOSではエラーが出たり、インストール出来なかったりといった不具合が出るものもあります。

正直、OSとソフトとの相性差はユーザー側ではどうにもできないですし、どれが本当に使えるソフトウェアなのかいちいちインストールして確認するのも面倒ですよね。

そこで本記事では、Windows7、Windows8はもちろん、現在主流のWindows10でも使えるソフトを実際に使ってみて、これは使えると思ったおすすめの無料ソフトを厳選しました。

CDの取り込み、書き込みソフトっていっぱいあるけど、その中からどれを選べば良いか分からない方。
その他機能差をサクッと知りたい方のため、各ソフトの特徴と共に本記事にまとめておきたいと思います。

ぜひご活用ください。

 

関連記事:【2019年最新】DVDコピーフリーソフトまとめ【無料でリッピングするならコレ】|windows10対応

スポンサーリンク

おすすめのCDコピーフリーソフトまとめ

※詳しい導入の仕方は各リンク先に日本語で解説されています。本記事では特に注意すべきポイントのみに焦点を当てて解説していますのでご了承ください。

CDex

Desktop00

上の赤で囲ってあるところがソフトのバージョン。
古いバージョンの場合予期せぬ不具合やセキュリティ的な面でもよろしくない。

今でもしっかりアップデートされており執筆時点(2018年8月10日)では最新が2.07なので、この部分はしっかり確認しておこう。

インストール時点で日本語を選択可能
その後のCharactar setに関してはエンコード時のエラー要素を少なくするため「Multibyte encoding推奨

注意:windows10だとインストールが完了しません。

少なくとも私の場合はそうでした。もちろん環境の差もあると思いますが。
ですが、これを回避する方法があるので簡単に解説します。↓

Desktop03

  1. 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック
  2. Windows7に変更
  3. 「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック
  4. 適用

以上で問題なくインストールが完了します。
尚、これは他のソフトでも使える手段なので、なんか調子悪いな―?と感じたら試してみて下さい。
頭の片隅に入れておいて頂ければ幸いです。

ちなみに私の場合、インストール時に日本語を選択したはずなのに、ソフトを開いたらなぜか英語でした。その場合上のオプションから簡単に言語を変えられます。

インストール途中の注意点

インストール途中「Norton security delux」というソフトを抱き合わせでインストールさせてこようとします。デフォルトでは画像のようにチェックが入っているので、これを外しましょう。↓

Desktop screenshot (3)

他、個人的に気になった点がソフトの容量。20MBと今回調べた中では一番大きいのでテザリングや従量課金制の回線を使っている場合は注意。

そしてなぜか筆者の環境ではダウンロードに結構時間が掛かりました。(たまたまサーバーが混雑してたのかな?)

 

デフォルトで日本語対応
比較的シンプル
エンコーダの種類は多い(Lame対応)
HE-AAC未対応
※AACに関してはiTunesのAACエンコーダーのほうが高性能なので、AACファイルにする場合は適さないです。

>CDexダウンロードサイト

 

スポンサーリンク

Exact Audio Copy

Desktop01

※PCに複数ドライブを挿入している場合、上記画像の黄色マーカーから変更できます。

執筆時点では1.3が最新バージョンだが最近はあまりアップデートされていない模様。

これはソフトの表面にはバージョンが出ない。HelpのAbout EACから確認出来るので、新しいverか念の為確認しておこう、ちなみに容量は4.8MBとこの手のソフトでは標準レベル

インストールの段階で色々聞かれてくるけれど、コンポーネントはデフォルトのままインストールでOK

はじめてソフトを起動したときsetup wizardが自動起動する。
英語だけど後からでも変更出来るので、キャンセルで先に日本語化してしまってもOK

 

別途日本語化必須
専用wizad(案内)があり親切
リッピングが正確で多機能

CD Manipulator

Desktop02

CDバックアップ(リッピング)系では非常に有名なソフト。

もうかれこれ10年以上の実績があるソフトで2007年以降アップデートされていないのにも関わらず、今だに多くの愛用者がいる。その理由はシンプルで使いやすいから、これに尽きるだろう。

最新バージョンは2.70(上記画像黄色マーカー参照)、ソフト自体の容量はわずか500KB。
実際使って見ると分かるけど、軽さに関してはその他のソフトとは一線を画してる。

軽さというのは本当に大事で、例えば同じリッピングが出来るソフトにiTunesがあるけれど、あれがやたらと重い。
起動に数秒、終了するのにも数秒、加えて起動した後もなんかもっさり。もうこれだけで使う気を失くしてしまうんですよね。軽いは正義です。

そして驚くべきはインストール不要だということ。

このメリットはそこそこ歴の長いPCユーザーなら分かると思うけれど、後にゴミが残らないというのは精神的にもインストールの障壁を著しく下げます。

加えて本ソフトは開発者が日本人で国産ソフトと文句なし・・・ではなく、唯一のデメリットとしてはやはりアップデートが完全に止まっていることかなと。

さすがに10年も経てば色々環境も変わるもの、1ユーザーとしてはこの際海外のデベロッパーでも良いから開発を引き継いでほしいところ。

 

非常に軽量
インストール不要
とにかくシンプルでわかりやすい
製作者が日本人で純日本製

まとめ

実は他にもこの記事に加えたいソフトがあるのですが、ひとまずトップクラスに実績があるものだけにしました。
CDコピーソフトだけでも数10種類はありますが、正直その中でも、本当に使えるものは一握りです。(実際CDコピーするとなっても、そんないっぱい使い分けませんよね)

ですが、選択肢があるに越したことはないので、また時間がある時にでも追記していきたいと思います。
では、最後までお読み頂きありがとうございました。
ネット
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes