【デバイスに到達できません】iPhoneのエラー対処法まとめ【Windows 10】

blogger-336371_1280ネット

iPhoneのデータをPCへインポートする際、突然 謎のエラーメッセージ

 

「デバイスに到達できません」

 

今まで普通に出来てたのに、なんで?

 

実はこちら、割と高い頻度で遭遇するエラーで、ネット上でも原因が分からず、困惑する人がたくさんいます。

そこで本記事では、iPhoneの「デバイスに到達できません」エラーを解決する方法を、自身の経験とネットの情報を掛け合わせ、まとめてみました。

 

以下の方法を適切に実行すれば、ほぼ解決できるかと思います。

スポンサーリンク

iPhoneをWindows10へインポートする方法

インポートの設定次第では接続できない場合があります。

 

以下の動画では、iPhoneをWindows10へインポートする際の設定と正しいやり方を丁寧に解説して下さっています。

PCとiPhoneの設定に問題がある場合もあるので、ここで今一度確認しておきましょう。

iphoneからwindows10へ画像・動画データを転送する方法

iTunesのバージョンを確認してみる

基本的なところですが、一番可能性が高い箇所です。

 

iTunesのUIは不慣れな方には少々分かりづらいので、以下の動画を見ながらバージョンを確認してみましょう。

iTunesをアップデート・更新プログラムの確認

転送先をHDDにしてみる

昔と違い、最近はSSDの値段も気軽に手が届くレベルにまで下がりました。

これを期にSSDを導入した方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、デバイスの相性問題というのは環境が変わる際、高い可能性で起こり得ます。

SDDが原因の可能性があるので、HDDに転送先を変更しましょう。

スポンサーリンク

iOSを更新してみる

昔のiPhoneを使っている方にありがちなのが、「iOSをあえて更新しない」

 

iPhoneを毎年買い替えている人からすれば「なんで?」と疑問に思うかもしれませんが、実は旧機種に最新OSを入れたら非常に重くなるんですよ。

 

それこそ軽いゲームすらできないくらいカクカクになります。それが理由で更新通知を無視してiOS更新しない人もいるんですね。

 

改めて自身のiOSのバージョンが最新か確認してみて、古い場合はこの際バージョンアップしましょう。

【説明動画】iPhone(iOS)のアップデート方法!!! やり方はすごく簡単です。

iPhoneのドライバーを再インストールしてみる

可能性は低いですが、こちらも確認しておきましょう。

 

iPhoneのドライバーを更新する動画が見つからなかったのですが、以下の動画とやり方自体は同じなので参考までに。

Windows10 デバイスドライバーを更新する方法

iPhoneのケーブルを変えてみる

iPhoneのケーブルには大きく分けて、純正品と非正規品の2種類があります。

 

このうち非正規品はOSのアップデートや経年劣化でダメになる可能性が高く、ケーブルが原因で接続できていない場合も考えられます。

 

意外と盲点なので非正規品を使っている方は、少々高いですが正規品のiPhoneケーブルを購入しましょう。

データはまとめて送らず、小分けにしてみる

すぐに試せる対処法です。

 

とはいえ、これで解決できる可能性は低いと思いますが、サッと試して見て下さい。

USBポートを変えてみる

こちらも可能性は低いですが、すぐに試せるのでUSBポートを付け替えてみましょう。

 

ここでポイントは、今までフロント(前面)に接続していたのならリア(背面)に接続してみて下さい。

 

理由としては、PCの基盤も経年劣化で接続不良を引き起こす事があり、そうなった場合正常にデータ転送ができなくなります。

 

よく使うポートは抜き差しだけでも劣化していきますので、念の為確認しておきましょう。

ネット
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes