『RawQQ』は漫画村の代替になり得るか?使い方を徹底解説!

manga_rawqq (2)漫画

突然ですが、「漫画村」をご存知でしょうか?

 

数ヶ月前、政府が名指しで挙げた海賊版サイトの名前に「漫画村」が入っていたことはまだ記憶に新しいと思います。

 

紆余曲折あり、今では閉鎖されていますが、その後「漫画タウン」「漫画シティ」「漫画カントリー」など、第二、第三となる「漫画村」が出現し収集が付かない状況になっています。

 

そんな中、漫画村の代わりになり得る次世代の漫画村

「RawQQ」

が今まさに、話題となっています。

 

本記事では、

  • 「RawQQ」の使い方を画像を交えて詳しく解説
  • 「RawQQ」にウイルスは仕込まれているのか、安全性を検証
  • 実際に使ってみて分かった「RawQQ」のメリット、デメリット

以上3点を詳細にまとめたいと思います。

 

なお、結論から言えば、ある一点を除いて非常に使いやすいサイトでした。

 

関連記事

漫画村の後継『RawQV』は日本人利用者多数!サイトの使い方と特徴を詳しく解説します

第2の漫画村『LHScan(RawLH)』は2000作品以上読み放題!?安全に読めるのか?使い方や危険性を検証してみた

 

スポンサーリンク

RawQQが「HanaScan.com」に名前を変えて再始動|変更点など

2019年11月現在、RawQQサイトは閉鎖され、新たに「HanaScan.com」に名前を変えて再始動しました。

一番気になるのが、”以前と同じく漫画が読めるのか”という点だと思いますが、結論から言うと”読めます”

というか、サイトの大まかなレイアウトや使い方、漫画のラインナップなどはほぼRawQQを引き継いでいるので、違和感なく利用できると思いますし、本記事の内容もそのまま参考になるかと思います。

 

ただし、全てが同じというわけではなく、今回実際に検証してみた結果微妙に違っている部分があったので、以下にまとめました。

■RawQQ と HanaScan.com の変更点

  • ポップアップ広告が確定でYoutubeの謎動画に飛ばされるように
  • 以前よりもクリック時のポップアップ広告確率が上がってるっぽい
  • RawQQ時代と同じく目に見える広告は少ない(むしろ少なくなってる)

RawQQの時よりも広告が少なくなっているのは驚きましたが、その分目に見えないポップアップ形式の広告が増えているのであまり快適とは言えず。

ただ、飛び先のサイトがなぜかYoutubeなので、むしろ安全性は高くなってる気がする・・・

スポンサーリンク

RawQQとは?

冒頭で軽く触れましたが、「漫画村」閉鎖後、突如として出現した違法漫画サイトが「RawQQ」です。

しかし、漫画村とは大きく異なる点が2つ有ります。

  • 今回確認した限りではウイルスが仕込まれていない
  • 現時点では規模が小さく、閉鎖される可能性が低い

現時点ではウイルスは仕込まれていない

漫画村には、実はマイニングウイルスが仕込まれていた件で話題になりましたよね。

しかし、Google運営のウィルススキャンサービス『VirusTotal』で確認した限りでは「RawQQ」にはウイルス等は確認出来ませんでした。

 

※後からウイルスを混入したファイルに差し替えられる可能性はあります。今後も安全という保証はないのでご了承下さい。

VirusTotalで簡単ウィルスチェック!使い方を分かりやすく解説します【無料オンラインスキャン】
今回はダウンロード&インストール不要、オンライン上で手軽にウィルスチェックができるGoogle運営のWebサービス『VirusTotal』を実際に利用してみたので、使い方や注意点などをご紹介していきたいと思います。 尚...

閉鎖される可能性は低い

そもそもWeb上には「漫画村」以外にも違法サイトは数多くあります。

ではなぜ「漫画村」が規制の対象になったのでしょうか?

 

一番の原因は”サイトの規模が大きかったから”だと思います。「漫画村」は非常に影響力が有り、Webサイトの”力”とも言えるアクセス数は月間1億PVにまで膨れ上がっていたそうです。

 

そしてこれは「価格.com」や「Livedoor」と同等レベルです。まぁ半端じゃないですね。

 

対して「RawQQ」は月間300万PVほどです。徐々に認知度が上がって来てはいますが、まだまだ「漫画村」には程遠いです。(記事執筆時点での情報です)

スポンサーリンク

RawQQの特徴

私が感じた「RawQQ」の特徴的だと思う部分をざっと列挙してみます。

 

  • 漫画村より広告が少なく、軽い
  • ビューワー画面は大きく見やすい
  • サイト全体は英語、しかしUIは直感的で使いやすい
  • 作品数が2000タイトル以上
  • メジャーな漫画からマイナーなものまで完備

 

  • ポップアップ広告がうざい
  • 常にヘッダーが付いてくる(※)
  • 掲載されてないタイトルもある

※ヘッダー追従してくるのはメリットだと考える人もいると思います。

 

上記詳細と、その他感じたことをこの後、画像を交えて詳しく解説していきます。

 

結論から言えば、ポップアップ広告がなく、タイトルがもう少し多ければ完全に「漫画村」の上位互換だと思います。

 

ポップアップ広告は本当に鬱陶しいので、この一点が「RawQQ」の最大のデメリットですね。

ただし、肝心の漫画閲覧画面ではポップアップ広告が表示されないので、限定的なデメリットです。
※追記:漫画閲覧画面でもポップアップ広告が表示されるようになりました。

 

では以下から実際のサイト内を見ていきましょう。

トップ画面はスッキリしていて見やすい

本来なら、左右の黒枠にデカデカと広告が貼って合ってもおかしくないが、「RawQQ」は全く広告がない。

強いて言えば、右下にチラリと写っているポケ○ンくらい。

manga_rawqq (2)

注:他の違法サイトと比較すると、目に見える部分の広告は圧倒的に少ないです。しかしその分、ポップアップ広告が目立ち、非常に鬱陶しく感じました。

人気ランキングに疑問点有り

先ほどの画面から下へスクロールすると、サイトバーに「一週間、一ヶ月、一年」と単純に見られた回数=人気順に5作品が並んでいる。

まぁよくある人気ランキングなのだけど…

manga_rawqq (3)

 

ここで気になったのが「TOP YEAR」つまり一年間で見られた回数のランキングが存在している点。

 

このサイトは2018年の5月頃に開設されたとみられるので「年」のランキングがあるのはちょっとおかしい。(ちなみに、トップは聞いたこともないような漫画でした。)

 

サイドバーカテゴリのランキングは意図的に操作されている可能性があるので、少なくとも「年間のランキング表示」はあまり参考にはならないかもしれません。

 

追記:この点に関してはLHScan(元RawLH)も同じでした。

第2の漫画村『LHScan(RawLH)』は2000作品以上読み放題!?安全に読めるのか?使い方や危険性を検証してみた
かつて第2の漫画村と見られているサイトの一つに『RawLH』がありました。 今は残念ながらカドカワにより潰されてしまい、サイトは閉鎖されアクセスできない状況が続いていたのですが、久しぶりに調べてみたら、なんと『LHScan』と...
スポンサーリンク

コメント欄も完備

さらに下へスクロールすると、今度はサイドバーにコメント欄が。

コメントの内容は全体的に「漫画が読めないよ!」「〇〇作品の〇〇章をUPお願い!」

ほぼこの2点。コメント機能はログイン制で、会員登録しないとコメントできない仕様。

 

ちなみに会員登録は

  • メールアドレス
  • Facebookアカウント
  • Google+アカウント

以上3点のいずれかで可能だけれど、オススメはしません。というか情報抜き取られて終わりだと思うので、やめておきましょう。(ここでも解説しません)

manga_rawqq (4)

 

ちなみに、このトップページで左のコンテンツ部分にカーソルを合わせると、その漫画の主要情報がプレビュー表示されます。

内容は「サムネイル、タイトル、作者、カテゴリー、更新時期、閲覧回数、あらすじ」

 

この手のサイトにしては凝ってる印象を受けました。さらにメインコンテツなども、細かいところで凝ってます。それが下記↓

メインコンテンツはやたらと凝ってる

読みたい漫画をクリックしたら、ジャンルによっては以下のポップアップが表示される。

manga_rawqq (1)

ちなみに、私が検証に選んだのはECCHIなぶつではございません

ここは声を大にして言いたい。

 

そして「I AGREE」をクリックして次の画面へ

manga_rawqq (5)

 

モザイクは掛けているのだけれど、恐らく画像だけで分かる人には分かるタイトル。まぁ深くは考えず、こちらを今回検証材料に選びました。

 

画面上に「サムネイル、タイトル、作者、カテゴリー、更新時期、閲覧回数、あらすじ」他にはブックマーク機能まであります。(要会員登録)

 

そして下へスクロールすると

manga_rawqq (6)

※タイトル右側の「Download」は絶対にクリックしないでください。

ここからモザイク部分の漫画タイトルをクリックしたら別タブが開き、漫画が読めます。

 

一つ注意点があり、ここでポップアップ広告が表示される可能性があります。表示されたらすぐに閉じましょう。

 

実際の漫画閲覧画面の前に、下記で漫画の検索方法を解説したいと思います。先に漫画閲覧画面を知りたい方はこちらからどうぞ→『RawQQで漫画を読んで見る』までスキップ

スポンサーリンク

漫画の検索方法は3種類

標準の検索方法:【Search】

一番スタンダードな方法ですね。追従してくるヘッダーにあるので、そこから検索しましょう。

manga_rawqq (12)

注:漫画閲覧画面では表示されません。検索する場合はトップページなり他へ移動しましょう。

条件を指定して検索する:【ADVANCED SEARCH】

英語アレルギーの方にはちょっと厳しい画面ですが、難しいことはありません。

 

基本的に、自身の興味のあるジャンルを指定して漫画を検索するときに使う感じですね。

中にはマニアックなジャンルもありますが、記事執筆時点では2100冊ほどあったので、希望の漫画が見つかる可能性は高いと思います。

manga_rawqq (10)

 

言語は日本、中国、韓国とありますが、あるのはほぼ日本の漫画ですね。

 

重要な点は、クリック一回でチェックボックスが切り替わる点。【☑=オン、☒=オフ、空白=指定なし】

その他は使用機会は少ないと思うので、割合します。

全漫画から一覧で調べる:【MANG LIST】

こちらは現在サイト内に存在する全ての漫画が表示されます。

簡単な「名前順ソート」や「昇順降順」など基本的な機能は揃ってますね。

 

そして先ほど少し触れた「年間ランキングトップ」の作品も載っています。

manga_rawqq (11)

 

次項から「RawQQ」での実際の漫画閲覧画面を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

RawQQで漫画を読んで見る

RawQQ(HanaScan.com)のアクセス方法|URLリンク

本題の前に一つ。実は現在『RawQQ』と検索してもRawQQ公式サイトにはアクセス出来ません。

そのため”どうすればアクセスできるのか分からない”という方もいらっしゃるようなので、参考として以下にURLリンクを記しておきたいと思います。

 

RawQQのURLリンクはこちら

https://rawqq.com/
後継サイトのHanaScan.comのURLリンクは下記
https://hanascan.com/
※「RawQQ」から「HanaScan.com」にリダイレクトされてるので、どちらのリンクを辿っても同じサイトに行き着きます。

見れない場合はサーバーを変更できる

漫画のタイトルをクリックした後の一発目の画面がこちらとなります。

まずは「見れない場合はサーバー変えてね」の注意書きと共に3つのサーバーが提示されてますね。

とは言え、基本的には弄る必要はありません。なぜなら、現在閲覧できるサーバーが自動で選択されているからです。

manga_rawqq (7)

 

今回検証した漫画では、サーバー2が自動選択されていました。

試しにサーバーを変えてみたところ、1と3共にそもそも画像が表示されず、閲覧できませんでした。

漫画により変わる可能性があるので、万が一見れない場合はサーバーを変更してみるのも良いかもしれません。

 

※一部の漫画では「VIP」という項目もあります。検証してみましたが、とくに料金が請求されるということや、ウイルスに掛かるといったことはなかったので、項目に表示されてるなら、試してみてもよいでしょう。

閲覧画面は画像が大きく、見やすい

こちらが肝心の閲覧画面。モザイク濃いな~

 

この画面の特徴はなんといっても大画面で見やすいこと。下記の画像はあくまでモザイク処理を施しているだけなので、実際は画質も良いです。

manga_rawqq (8)

 

そして、もしかしたら漫画にも寄るのかもしれないし、これからどうなるのかは分かりませんが、今回検証した漫画ではこの閲覧画面ではポップアップ広告が表示されませんでした。

 

ちなみに、他に目につく広告は上部に小さい広告1つ、下部に2つのみ。画像データも最適化されているのか、ページ自体も驚くほどに軽いです。

加えて言うと、ヘッダーの追従バーは検索機能を省き、読みやすいように短く工夫されています。

 

他、右下にトップへ戻るボタン、左側に漫画が読めなかった場合の通知ボタンなど、全体的にストレスが掛からないように配慮されている印象を受けました。

スポンサーリンク

RawQQでは簡単に漫画をダウンロードできる【検証】

ここまでRawQQサイト内で”漫画を読む方法”と”検索する方法”に関して詳しくまとめてきましたが、今回検証した結果、RawQQでは漫画をダウンロードすることもできます。↓

lhscan0

漫画のダウンロード方法はタイトル横の「Download」をクリックするだけ…

正直なところ、無防備すぎるほどの簡単さですね。

ただし、ダウンロードできるものとできないものがありますし、漫画の”閲覧”ならともかく、”ダウンロード”に関してはウィルスなどの危険性を伴うため、止めておいたほうが無難です。

 

※2019年1月 追記:どうやらダウンロード機能だけ姉妹サイトである『zipraw』へ移動させたようです。

参考記事:【2019年版】漫画を無料でダウンロードできるサイト30選まとめ【zip・rar・raw】

RawQQの違法性は?ウィルス感染するのか

road-sign-663368_1280

冒頭で少し触れましたが、基本的には違法です。

というのも、中には著作権的に無料で公開しても問題がない漫画もあるからです。

 

個人的には、違法かどうかよりウイルスに感染するリスクのほうが高いと思っています。

漫画村には実際にウイルスが仕込まれており、被害者も出ていました。

 

当然ですが、こういった違法漫画サイトを利用するのはリスクがあるので、そのリスクを加味した上で、自己責任でお願いします。

【合法】RawQQと同じく漫画を無料で読めるサイト

RawQQ以外にも漫画を無料で、且つ合法で読めるサイトがあります。

まずRawQQのデメリットとして

  • 新作の漫画が少ない
  • 少なからずウィルス感染のリスクがある
  • 結局は違法サイトのため、いつ閉鎖されてもおかしくない

これら以外にも漫画の掲載数自体も公式には及ばないという点が挙げられますね。

しかし、上記のデメリットを全て払拭し、且つ無料で漫画を読める方法に公式サービスの初回登録後の”31日間無料体験”を利用する方法があります。

U-NEXT:漫画約1冊分+動画80,000本見放題

u-next-manga

  1. U-NEXTに無料登録
  2. 600円分のポイントプレゼント
  3. そのポイントで漫画を無料で読む

U-NEXTの利点としては漫画だけではなく、アニメ・映画・海外ドラマ80,000本が見放題ということも挙げられます。

個人的におすすめは

  • プレゼントされた600ポイントで漫画を読む
  • 31日間の無料期間で見たいアニメや映画、海外ドラマなど視聴
  • 無料期間が終わる31日間以内に解約

が理想的ですね。

※31日間以内に解約すれば料金は一切掛かりません。

FODプレミアム:雑誌も読み放題+今なら1300円分のポイント付与

fod-manga

  1. FODプレミアムに無料登録
  2. 1,300円分のポイントプレゼント
  3. そのポイントで漫画を無料で読む

上記のU-NEXTと比較すると、プレゼントされるポイントがU-NEXTよりも多く、無料で漫画を読める数も多いのが利点です。

ただし、FODプレミアムの欠点として初回登録時に100ポイント後、8の付く日(8日、18日、28日)にそれぞれ400ポイントが貰え、結果的に1,300ポイントがプレゼントされるという仕様です。

そのため、すぐに無料で漫画を読むことができません。

ここは意外と見落としがちなので、ご注意下さい。

※1ヶ月間以内に解約すれば料金は掛かりません。

 

注:基本的に既に会員登録済みの方はこの方法は使えません。

しかし、登録の際必要な”メールアドレス”と”クレジットカード”の2点を変えることにより、再度31日間無料で利用できるようになります。

裏技的な方法ですが、クレジットカードを複数枚所有している方は活用しなければ損だと思います。ぜひお試し下さい。

 

関連記事「ad」

【2019年最新版】漫画を無料で読めるサイト・読み放題サービスまとめ【合法・違法】
今回はブラウザ上で、漫画を無料で読めるサイトをまとめました。 実際のところ、かつての漫画村みたく漫画を無料で読み放題のサイトは非常に少ないのが現状です。 しかし、2019年現在は、漫画の最新巻を無料かつ合法で読めるサイト...
漫画無料サイト『RawQV(MangaHATO)』の使い方と特徴を詳しく解説します。
漫画村閉鎖後、数多くの類似サイトが台等してきましたが、その中でもとくに勢いのあるサイトにRaw系サイトがあります。 当ブログでも過去にRawQQやLHscanなどのRaw系サイトを取り上げ、記事にしてきましたが、今回はその中で...
第2の漫画村『LHScan(RawLH)』は2000作品以上読み放題!?安全に読めるのか?使い方や危険性を検証してみた
かつて第2の漫画村と見られているサイトの一つに『RawLH』がありました。 今は残念ながらカドカワにより潰されてしまい、サイトは閉鎖されアクセスできない状況が続いていたのですが、久しぶりに調べてみたら、なんと『LHScan』と...
漫画
スポンサーリンク
▼この記事をシェアする▼
labtechs-notes